カプコンの代表コンテンツである格闘ゲーム・ストリートファイターが起用されました。

カプコン×日本相撲協会

 

JRAとカプコンと日本相撲協会のコラボは、2015年11月29日に東京競馬場で行われる第35回ジャパンカップのPRの為に行われたスペシャルコンテンツで、2015年11月22日に競馬インターテインメントサイトの「Umabi」で開設されました。(現在は視聴する事はできません)

 

JRAとカプコンと日本相撲協会のコラボとは、どのようなコラボだったのでしょうか?

 

ジャパンカップとは

ジャパンカップとは、毎年11月後半に東京競馬場で行われる、中央競馬の重賞競争(G1)のことです。

 

カプコンとは

カプコンとはアーケードゲームをコンシューマーゲームなどの開発や販売を行っているゲームメーカーです。
このJRAと日本相撲協会とのコラボでは、カプコンの代表コンテンツである格闘ゲームの「ストリートファイター」が起用されました。

 

JRAとカプコンと日本相撲協会のコラボとは

JRAとカプコンと日本相撲協会のコラボは、2015年11月22日に競馬インターテインメントサイトの「Umabi」で開設されました。

 

指のイラスト

ストリートファイターでお馴染みの「リュウ」や「ケン」や「ダルシム」などのキャラクターや、白鵬・日馬富士・鶴竜などの大人気の現役力士が、過去のジャパンカップの優勝馬に騎乗して、「東京スモ競馬場」を舞台に熱い戦いを繰り広げます。
ゲームの内容は「リズムゲーム」となっており、誰でも間単にプレイできるような簡単な内容になっていました。

 

また、競馬ファンはもちろんのこと、ストリートファイターファンや相撲ファンなど、普段競馬に興味を持たないような人たちでも十分楽しめるような内容になっていました。

ゲームレベルも簡単だったので、普段あまりゲームをやらない方でも楽しくプレイできるゲームでした。