JRAとAKB48のコラボ以降、競馬場への若者の来場者は上昇傾向にあります。

AKBガチ馬のコラボ

JRAとAKB48のコラボは賛否両論分かれているものの、スマホアプリとして実装された当初は人気のコンテンツとなっていました。

 

当時のAKB48は社会現象になるほどの人気があり、数々のコラボ活動を行っていました。

 

SMART! JRAでは『ガチ馬』と称したコラボを行い、
20歳以上のAKB48メンバーが競馬の予想を行うという形で競馬に参加していました。

 

AKB48は、ファンが自分の推しメンに対して貢献するためにお金を使うという流れが絶対的に出来上がっていたので、ファンは自分の推しメンの予想に乗っかり、的中した場合はともに喜びを分かち合うことができたので、馬券を買ったことのないAKB48のファン引き付けることには成功したと言えます。

 

ガチ馬のコラボでは他にAKB競馬部のグッズのプレゼント企画や予想企画などを行い、競馬場への来場を促すものが行われていました。

 

ただアプリの質が高くはなかったので、既存の競馬ファンにとっては利用する価値に乏しい内容となってしまったので賛否が分かれてしまう結果となりました。

 

 

 

AKB48のファンである既存の競馬ファンにとってはこの上なく俺得なアプリであったので人気がありましたが、高い評価を受け続ける結果とはならなかったと言えます。


 

AKB48ファンにとっては、AKB48が参加しているものならば何でも参加するという程の勢いがあったので、SMART! JRAのアプリのダウンロード数は飛躍的に伸び、既存のファンよりも新規ファンを喜ばせることに比重を置いたものであるので、その意味では狙い通りの結果であったともとれます。現に、AKB48の人気はその後もとどまる事を知らず、人気が維持されています。

 

競馬番組への出演を行い続けてくれているので、新たなファンの獲得を継続的に行えているので、JRAの狙いは成功したと言えます。

 

このコラボ以降、競馬場への来場者の若者の比率は明らかに上昇傾向にあります。

 

今や競馬は若者の娯楽となりつつあると言っても過言ではありません。
AKB48とのコラボは結果的にスマッシュヒットであったのです。