若年層にも競馬を好きになってもらう試み!人気アニメ、ゲーム、アーティストとのコラボ企画!

JRA公式、SMART!JRAの概要

JRAは20世紀の競馬ブームをピークにその後は人気が低迷していました。
その状況を打破するため、JRAは数々の宣伝活動を行ってきました。

 

その中の一つに、SMART!JRAがあります。

 

これはJRAがアニメ・芸能人・ゲームなどとコラボすることにより、それらのファンを獲得するとともに、競馬に対するイメージアップを狙った宣伝活動です。

 

序盤はその活動に勢いがあり、社会を引き込むことに成功したかに見えていました。
しかし、AKB48とのコラボ以降、その勢いは衰退の一途を辿ってしまいました。

 

現にコラボの話については競馬ファンですらほとんど知らないほどでしたので、JRAが思っていた通りの結果を得ることができないと判断したと考えられます。

 

その原因はいくつかあります。

  • 1つ目はAKB48とのコラボの際に爆発的に広まりすぎてしまったこと。
  • 2つ目はアプリの配信が成功しなかったこと。

以上の2点が大きな理由となります。

 

AKB48とのコラボ『AKBのガチ馬』が行われた当時のAKB48は人気絶頂期でした。
社会現象を引き起こしていた時期でもあり、AKB48のファンが一気になだれ込んできたのです。
JRAはそれに対応しきれませんでした。

 

同時期にリリースしたアプリのダウンロード数は爆発的に増えたが、そのほとんどがAKB48のファンによるものであったため、従来の競馬ファンの方々が入り込みづらくなってしまい、更にAKB48のファンからの評価も得ることができなかったのです。

 

そのアプリ自体の質は悪くはありませんでしたが、両方のファンを満足させることはできませんでした。その後のSMART!JRAはめっきり勢いを失ってしまいました。

 

 

 

その他にエヴァンゲリオンQのコラボ戦国無双4のコラボとのコラボ活動は行われました。


 

しかしほとんどが一時的なものであり、それに伴う宣伝活動もほとんど行われていません。

 

事実、コラボ活動は一部の競馬メディアで取り上げられる程度で、CMになるようなことはほとんどありませんでした。
SMART!JRAは満足のいく結果を得ることができなかったという大方の見方です。

 

しかし、これによる功績は実は非常に大きくなっています。

それぞれのコラボ活動を単体として見るとそのほとんどが失敗に終わっているように思えます。
ただ1つ、AKB48とのコラボを実現したことは後の競馬界に大きく貢献することとなりました。

 

AKB48は非常に息の長い人気を維持しており、競馬番組への出演を継続し続けてくれ、
競馬予想をしたりしてくれています。

 

それに伴い、若年層のファンを数多く獲得することができました。

 

現に競馬場に来場している競馬ファンの年代的な比率のうち、若年層の割合が飛躍的に上昇しています。

 

それは地方競馬においても同じです。

特に南関東の競馬場に来場している若者やカップルの数が非常に多くなっています。

 

競馬は20歳以上の遊びであるため、どうしてもサラリーマン世代以上の男性ファンが多くなっていました。しかし現在は学生ファンを多く獲得したことにより、状況に変化が生まれたのです。

 

 

 

学生はお金を持っていないと思われていますが、
自由に使えるお金はサラリーマンより多いと言われています。


 

もともと競馬はギャンブルとしての魅力が大きいので、一度肌に触れてもらうことでファンになってもらうことは難しくなかったということです。

 

現に現在のJRAの売上は回復傾向にあります。

 

 

その最大の要因は景気変動ではなく、若年層のファンを獲得できたことです。

景気が回復してきたと言われていますが、消費増税や物価の上昇により、消費が大きくなっているので自由なお金はむしろ減っています。

 

そのような中でも売上を伸ばすことができているということは、結果的にJRAの宣伝活動は成功していると言えます。

 

SMART!JRA自体は目立たなくなっていますが、若年層の方々へのきっかけ作りとして機能する結果を生むことができたということが最大の功績です。